予防歯科の施術とは

フッ素を使った予防歯科とは

歯科医院で使われるフッ素の濃度

歯科医院で、歯を強くするためにフッ素を塗ることを勧められた経験を持つ人は多いでしょう。歯磨き粉にも含まれているので、わざわざ塗ってもらわなくてもいいと考える人もいますが、それは間違いです。歯磨き粉に含まれるフッ素の濃度は1000ppm以下になるようにと、法律で決められています。しかし、歯科医院では、市販の歯磨き粉の9倍の9000ppmという高濃度のものを扱うことができます。医薬品の扱いなので、市販されることはなく、歯磨き粉とは作用の仕方か大きく異なります。歯磨き粉と塗布を併用することで、より虫歯になりにくいお口の状態にできます。

虫歯予防にフッ素がおすすめです

虫歯にならないためには、歯みがきをきちんとして、常に口の中を綺麗に保つ事が大切です。ただ努力をしていても虫歯になってしまう方がほとんどです。特に子供の場合、生えたての乳歯や永久歯は歯質が弱い為に虫歯になりやすくなります。そこで歯科でフッ素を添付する事をおすすめします。フッ素を添付する事により、歯と口の中の細菌に作用し、虫歯になりにくくなる効果があります。特に歯質の弱い乳児や子供の場合、これを添付する事で、虫歯の予防効果が高くなります。現在、歯磨き剤に入っているものもあり使い続ける事で効果を発揮します。ただ歯科で添付する方が、歯の質を強化することが出来ます。ぜひ虫歯を予防する為に検討してみてはいかがでしょうか。

↑PAGE TOP